『書くことについて』スティーヴン・キング-"On Writing"

onwriting.jpg

「学校に入った年には授業のある九ヶ月の大半をベッドで
すごした」というキング。じっくり観察して想像する時間
を得て、のちに「書く」ようになる例はよく聞く。読んで
いて気になる、言葉の種はどこにありどう芽吹くのか?

I am reading a Stephen King story, which gives me a hint to
understand what he went through to become the person he is today.

3:00am/2.9℃(20.7℃ IN)
●PT. 左腰が痛い,骨まで響いてきた。右上肢を施術。
●なので歩行練習はせずに帰宅。ダルビッシュの試合を観る。
●IndoorBike。思い当たる。漕ぎ方(踵を意識)が腰に悪かったか?
●夕ごはんは
 ハンバーグ(牛ミンチ・玉葱・玉子・パン粉+ケチャップ・ソース(甘すぎ)
       +馬鈴薯)
 サラダ(柚酢・米酢・胡麻油・醤油+キャベツ・カリフラワー・平茸・
      セロリ・コーン・大豆)
 黒餅米入りごはん
 味噌汁(里芋・トロロ昆布・葱・出汁味噌)

===== facebook.jpeg陶芸工房 & ギャラリー======

コメントの投稿

非公開コメント