土のアップリケ-Clay Appliqué

clayapplique.jpg
いつだったか目が見えない
かわりに指先で丹念に触れ
作品ひとつひとつを感じて
下さった方に心動かされた

それもあってか凹凸や突起
が好きで、この皿では麻布
に薄く伸ばした土片がいる

I once had a guest who
was blind. I was impressed
that she touched all of my
pieces and looked with her fingers.

3:00am/3.8℃(21.4℃ IN)    
●カタクリのウス紫が柔らかな春の陽を楽しんで、
 おや、ニリンソウの葉っぱも出てきたね。
●エアロバイク10kmX2と歩き(回覧板届け)30分。
 汗が滴り落ちる、のはいいことでしょ?
●お隣の別荘のOさんに、お手製の「柚ジャム」をいただく。
 どうやら留守中に、ハクビシンに侵入され、大変なことに!
●夕ごはんは
 ちらし残り
 昼のお好み焼き残り
 ソテー(イワシ/オリーブ油+葱/味醂/胡麻油/味噌)
 サラダ(アスパラ+ブロッコリー+トマト+新玉葱チン+ドレ)
 スープ(餃子つくりおき+チキン出汁)

===== facebook.jpeg陶芸工房 & ギャラリー======

コメントの投稿

非公開コメント

No title

綺麗な色だけど、何の形なのかな?

No title

手捻りの白土の皿だけど
アップリケは、赤土の粘土をちょっと手に取って
蚊帳布の上で伸ばして布目をつけ、そのたまたまのかたちを
はりつけ、それに似せて線描きしたものです。